フォトグラファーになるまでの道のり 5

   

【今日の1枚】

ハワイは虹のまちとされていて、

車のナンバープレートにも虹の絵が描かれています。

日本だと、『京都』とか『なにわ』

とかに当たるやつで、ナンバープレートのデザインが

州によって異なります。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

今日は、以前書いていた

フォトグラファーになるまでの道のり

を続けたいと思います。

 

 

 

世の中には、

色々なフォトグラファー

が存在して、

 

 

色々な経緯で

フォトグラファー

になっているのだと思うのですが、

 

 

 

私の場合は、

 

元々一眼レフを持っていた

わけでもなく、

 

ずっとフォトグラファーになりたいと思っていた!

わけでもなく、

 

 

 

デジカメで

ウエディングカップルを

プロのフォトグラファーが

セットアップした後に

撮るという業務の一環だった

 

その写真を撮るのが

楽しすぎて、

 

 

ウエディングコーディネーター

よりも、

ウエディングフォトグラファーに

なって、

 

自分で好きな場所やポーズで

撮影したい!!!

 

 

って思ったのが

きっかけで、

一眼レフの技術は

ゼロ。

 

 

 

私を将来は社員フォトグラファーとして!

ってこの道に

導いてくれた副社長も

感性で撮るタイプの方だったので、

 

トレーニングはノータッチ。笑

 

 

当時、社員フォトグラファーだった

私の師匠、

チャールズさんが

 

本当に忍耐強く

私を含め、当時3名の

ウエディングフォトグラファーとして

頑張りたいカメラ初心者3名

 

チャールズチルドレン1期生

 

何から何まで

優しく教えてくださいました。

 

また、私は本当に人に恵まれていて、

 

当時、

チャールズさんが

仲良くされている

フォトグラファー仲間と

 

 

撮影データの発表会?

といいますか、

 

 

自分のお気に入りデータを

 

チャールズさんの大親友

私も沢山お世話になった

同じくフォトグラファーの

レスターさんのお家にある

 

どデカいテレビに写真を映して

 

みんな似たような場所で

仕事をしているけど、

こんな写真撮ってみた!

 

みたいな会をされていたのですが、

 

私はそれにも参加させていただき、

 

超初心者の

私が撮影したデータを見て

 

諸先輩方が

熱心にアドバイスをしてくださる

という、

 

本当にありがたい事を

してくださったんです。

 

 

今でも、何てありがたいんだ…

とウルウルしながら

先輩方の

アドバイスを聞いていたのを

思い出します。

 

 

 

この後、

チャールズチルドレンは2期、3期と

続きますが、

 

1期の中でも、

ここまでしてもらったのは

 

私だけだと思います。

 

 

 

今もまだカメラの技術向上に

終わりはないけれど、

 

自分の思うように

一眼レフを使えるようになって

 

もっと上手くなりたい!!

って毎日必死でした。

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 - 私について